脱毛して美しい肌へ

ぱっちりした大きな瞳、長いまつげ、すっと通った鼻筋、ぷるんとした唇…女性がなりたい顔の基準は年々変化します。可愛らしいドールっぽい顔、セクシーなお姉さん顔、知的なクールビューティー顔、人によってなりたい顔は異なりますが、絶対と言っても過言ではないのが「美肌」であること。どんなに目鼻だちが整っていてバランスの良い美人顔であっても、にきびや吹き出物、垂れ下がった毛穴など、お肌にトラブルがあると、せっかくの美人も台無しです。
昔から、日本では「色白は七難隠す」などと言われ、顔の造作よりも、色白の美しい肌は貴重なもの、女っぷりを上げるものとされてきました。また、女性の場合は「若く見られたい」というのは悲願でもありますが、それも美肌であることが大前提。実際にTVに映る若くて美人のモデルさんやタレントさんでも、ちょっとした照明の加減で肌荒れやお肌の凸凹、吹き出物がはっきりわかってしまうと、荒廃した感じがしてしまうものです。
逆にお年を召していても、毛穴などないようなつるんとしたきめの細かい肌の女性は、目尻の笑い皺すらチャーミングにみえ、若々しく感じるものです。アラフォー近くなると、女性は顔立ちよりも肌質!が命とも言われています。若い頃は盛ったアイメイクで遊ぶのもいいのですが、30代も半ばになると落ち着き、品、知性、清潔感の感じられるメイクしか似合わなくなるものです。そんな時に肌が荒れていたりすると、なんとなく手抜きな女性の印象を与えてしまうこともあります。
毛穴など感じさせないような整ったキメ肌、にきびや吹き出物などない艶やかな肌、モチモチとした弾力を感じさせる肌、さわやかで清潔な透明感のある肌…そんな美肌の持ち主であるだけで、特に凝ったメイクなどしなくても、とても美しく感じさせるものです。もちろん、顔だけではなく首筋からデコルテにかけての肌が滑らかで透き通るような美肌であるだけで、美人度もかなりアップします。
また羽織ものをするっと脱いだ時に、完璧に脱毛ケアが行き届いていて、思わず触れてみたくなるような色白のつるっとした二の腕や肩先、しみ一つない背中などは清潔感のある色気が醸し出されていて、同性であっても思わず見とれてしまうものです。もちろん生まれつきの顔立ちや均整のとれたプロポーションに恵まれていることは、うらやましいことですが、美肌は女性の美しさの条件の基本。自分の努力次第でいくらでも磨きをかけることもできるのです。

美肌とは

女性がより美しくなりたい!と努力をする基準は個々に異なります。でも共通しているのは、やはりメリハリのある整ったプロポーションと、バランスのとれた目鼻立ち、そして美肌でしょう......

美肌と脱毛

美肌の条件として求められるのは、具体的にはどのようなことなのでしょう。女性の美容雑誌や、メイク雑誌などにはオールシーズン通じて「美肌」特集をしています......

脱毛クリニックの紹介

ミスインターナショナルや雑誌モデルなど、いわゆる「美」のプロである人達が数多く通っていることでも知られる、医療法人社団三幸会・フェミークリニック......